ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH

高機能かつ強靭。住む人の願いをかなえるハイブリット住宅。

内装写真:ウッドホーム高松展示場

国が定める2030年の
スタンダードな住まい

今、政府が進めているのは「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の普及です。
これから2030年にむけて、政府によるエネルギー政策が段階的に実施されます。
住宅のゼロエネルギー化はもう他人事ではありません。『自宅でエネルギーを創って使う時代がやってきたのです。

家庭でのエネルギー収支
これからの暮らしの
スタンダードです。

ZEHのメリット

merit01

家計にやさしい!
家庭の消費エネルギー収支がゼロ!だから家庭の光熱費も大幅削減!
日々のランニングコストに大きく貢献します。

merit02

環境にやさしい!
住まいの消費エネルギーを削減し、太陽光発電などの自然エネルギーを利用することでCo2削減や温暖化防止、環境破壊などの地球環境に貢献します。

merit03

将来の資産価値!
10年後、20年後の将来に必要な住まいの条件を満たした住宅です。国は現在建築後20年でほぼ無価値になる戸建て住宅の査定方法の改訂を進めており、買い替え、売却時に築年数ではなく質の高さが取引価格に反映されるよう評価の仕組みを見直す意向です。

merit04

さらに補助金の利用!
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の補助金制度を利用できます。
※2016年度125万円/戸

ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは「省エネ」と「創エネ」の効果を組み合わせて
「住まいの年間エネルギー消費量」を正味(ネット)でゼロ以下にする住宅のことです。

  1. 1.住宅性能や高効率設備機器により住まいの省エネ性を高めて『使うエネルギーを減らす』住まい。
  2. 2.使うエネルギーを太陽光発電などで『自家発電』する住まい。
  3. 3.家庭で必要なエネルギーを『自給自足』できる住まい。

※1 1年間の消費エネルギーがゼロまたはゼロ以下の住宅※2 省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量(家電等のエネルギー消費量を除く)が-10%以上となること

ZEHのイメージ図