ページのトップへ

家づくりについて

用語集 ま行

廻り縁(まわりぶち)

壁と天井の境目に使用する部材。
壁面と天井面が合わせる部分に廻り縁を入れ、より美しく仕上げるために取り付けます。
和室の場合は、廻り縁を二段に取り付け、より美しく仕上がります。

間柱(まばしら)

柱と柱の間に位置し、壁下地の為の部材のこと。
間柱は、柱のように荷重に対して有効である構造材ではありません。

無垢材(むくざい)

貼りあわせるなど加工をしていない天然の木材。肌触りが良く、見た目も美しい。
集成材(板材や角材を接着剤等で接合してつくられた部材)とは違い、無垢ならではの、ツヤや色、木の温もりを感じる事ができます。

▲このページのトップへ

メーターモジュール

建物を1メートル単位で計画すること。
関東間、本間に比べて基本単位が大きくなり、廊下などを広く取れます。
1間=2m

面格子(めんごうし)

窓の外側に取り付ける格子のこと。主に防犯が目的です。
縦格子タイプ、横格子タイプ、クロス格子タイプ等、様々な意匠の物があります。

▲このページのトップへ