ウッドホームの家づくりCONCEPT

「木とともに暮らし、「◯◯いい居場所」をつくり・育てる

かっこいい、気持ちいい、居心地いい、性能・機能がいい、などなど…。 家を「建てることだけ」が目的ではなく、そこに住む人、集う人たちが楽しく豊かになる為の「◯◯いい居場所」をつくることを目指します。
「いい住まいとはどんな住まいですか?」 この問いに対する答えは、つくり手、住まい手それぞれの経験や価値観からくるものだと思います。 住宅は、空間(間取り)、素材、性能、設備等で良し悪しを決めることが多いけれども、実際は、心理的なことや、感覚や感情などの部分が密接にかかわっています。 部屋数がいくつあるか?や性能がどのレベルか?など、部屋の要素や素材や性能等を吟味することはあくまでも当然のことであり、決定的なものではないと思います。 多くの人たちにとって、家を建てるということは、人生において大きな分岐点になります。 家を「建てることだけ」を目的にせず、建てた後の維持メンテナンス、ライフスタイルの変化に対応し、そこに住む家族が楽しく豊かに生きる為の「◯◯いい居場所」をつくることが、いい住まいに繋がっていくのだと思います。

  • 1. シンプルかつ機能的であること
  • 2. 自然とともに暮らすことを意識すること
  • 3. 思いやりをもって、仲良くなれる工夫をすること
  • 4. 安心して住み続けられる住まいであること
  • 5. 高級ではなく「恒久」を目指すこと

これらのことを私たちの家づくりの信念として、感動していただける家づくりを大切にしています。