ページのトップへ
TOPお知らせ一覧ウッドホームなら木材利用ポイントを最大限利用できます!

お知らせ

ウッドホームなら木材利用ポイントを最大限利用できます!

■ 木材利用ポイント事業ってなに?

林野庁より提示されている地域材の有効活用のための事業です。

地域材の適切な利用により、森林の適正な整備・保全・地球温暖化防止及び循環型社会の形成を図ります。
また、この流れが農村漁村地域の振興にも貢献する仕組みです。

指定材を利用した新築やリフォームを行うことで木材利用ポイントが与えられ、
工事代金や地域の農林水産品などと交換できます。

■与えられるポイント数 ※1ポイント=1円換算
a)木造住宅
新築・増築・購入
b)内装・外装木質化
リフォームなど
a)+b)木材製品・薪ストーブ
ペレットストーブ
最大30万ポイント最大30万ポイント最大60万ポイント1製品最大10万ポイント

■ ポイントの交換商品等

商品
地域の農林水産品等、農山漁村地域における体験型旅行、一般型商品券・プリペイド カード、地域型商品券等
森林づくり・木づかい活動、被災地に対する寄附
森林づくり・木づかい活動、被災地に対する寄附
即時交換
ポイント付与対象工事と同じ工事施工者が一体的に実施する別の木材を使用した工事の 代金に充当

※ 一般型商品券・プリペイドカード(農林水産品関連商品券を除く。)への交換及び
即時交換を行う場合は、付与された木材利用ポイントの50%を上限に利用できることとします。
・1ポイント=1円相当

平成24年度補正予算 410億円

予算がなくなり次第終了します。


■ 木材利用ポイント事業の流れ

Q.どこで施工してもポイントを受けられる?
A.地域材の積極利用と意義・良さを周知し、地域活性化への貢献を伝えることができることをお約束できることを前提として有識者委員会や県の協議会で認定された
認定事業者が施工することが必要です。

ウッドホームは木材利用ポイント
認定事業者です!

<木材ポイント事業の流れ>


■ ポイントの申請方法

最大30万ポイント 最大30万ポイント

最大60万ポイント

1製品最大10万ポイント
a)木造注宅
新築・増築・購入
b)内装・外装木質化
リフォームなど
a)+b) 木材製品・薪ストーブ
ペレットストーブ
申請者
工事発注者及び住宅購入者または代理の者 購入者本人
申請先
・全国事務局へ直接申請(郵送のみ)
・地域の申請受付窓口に申請(時参)
 ※ただし.即時交換和用時は退哨の受付窓口へ申請(持参)
全国事務局への
直接申請(郵送)
申請が可能
となる時点
竣工時点 工事完了時点 竣工時点 購入時点
申請回数
1棟つき1回のみ 期間内であれぱ
何度でも可能
申請に必要な
遅出書類
工事証明書や納品証明書など、申請内容により指定 対象商品証明書や
領収書など
a)木造注宅 新築・増築・購入
必要書類
木材利用ポイント発行・交換申請書
木材利用ポイント工事証明書・納品証明書
工事請負契約書
建築基準法に基づく[確認済証]又は[建築工写届]のコピー
施工写真又は建築基準法に基づく[検査済証]のコピー
主要構造材を確認できる写真
申請者の本人確認書類のコピー
代理申請者の本人確認書類のコピー
b)内装・外装木質化 リフォームなど
必要書類
木材利用ポイント発行・交換申請
木材利用ポイント工事申請書・納品証明書
工事請負契約書若しくは領収書のコピー
工事写真
申請者の本人確認書類のコピー
代理申請者の本人確認書類のコピー

■ ポイントの付与数

a)木造注宅 新築・増築・購入

①~④の条件を満たす木造住宅の新築・増築又は購入(共同住宅も同じ)

  1. ①平成25年4月1日~平成26年3月31日までに工事に着手した木造住宅
    ※申請期間は平成25年7月1日~平成26年7月31日です。
  2. ②対象工法によるものであって、対象地域材を主要構造材(柱・梁・桁・土台)
    及び間柱において、材積の過半に相当する量以上使用しているもの
    (上記に加え、基準を満たす構造用合板を含めることができる。また、住宅の新築時に地盤補強が必要な場合において、木杭を用いた地盤補強材を使用する場合は、木杭を含めることができる。)
  3. ③全国事務局に届け出た供給業者が供給する対象地域材を使用した建築材料を用いて登録工事業者等が工事を行うもの
  4. ④主要構造材等として使用する対象地域材の産地、樹種を看板への掲示等の方法で広く表示するもの
主要構造材等における対象地域使用量
延床面積対象地域材の量
80m2未満4m3以上
80m2以上 95m2未満5m3以上
95m2以上 110m2未満6m3以上
110m2以上 125m2未満7m3以上
125m2以上8m3以上
その他条件
建築材料条件
間柱厚さ27mm以上
構造用合板 厚さ12mm以上
厚さ24mm以上

b)内装・外装木質化 リフォームなど

①~④の条件を満たす住宅の床、内壁及び外壁の木質化工事の実施(共同住宅も同じ)

  1. ①平成25年4月1日~平成26年3月31日までに工事に着手するもの
    ※申請期間は平成25年7月1日~平成26年7月31日です。
  2. ②登録工事業者等が工事を行うもの
  3. ③全国事務局に届け出た供給業者が供給する対象地域材を使用した建築材料であって、登録建築材料又は対象地域材の天然木の板類を使用するもの
  4. ④内装木質化工事の場合は、
    • 9m2以上の床又は内壁の工事を行うもの
    • 住宅の床又は内壁の室内に面する部分に木材を使用するもの
  5. ⑤外装木質化工事の場合は、
    • 10m2以上の外壁の工事を行うもの
対象部位 対象地域材の使用量 発行ポイント数
内装木質化 新築・増築・購入
9㎡
21,000 ポイントを加算
以降 3㎡増えるごとに
7,000 ポイントを加算
リフォーム
9㎡
30,000 ポイントを加算
以降 3㎡増えるごとに
10,000 ポイントを加算
内装 新築・増築・購入
9㎡
15,000 ポイントを加算
以降 3㎡増えるごとに
5,000 ポイントを加算
リフォーム
9㎡
21,000 ポイントを加算
以降 3㎡増えるごとに
7,000 ポイントを加算
外装木質化 外壁 本質系
外壁材
10㎡
15,000 ポイントを加算
以降 10㎡増えるごとに
15,000 ポイントを加算
新規
外壁材
10㎡
7,000 ポイントを加算
以降 10㎡増えるごとに
7,000 ポイントを加算

▲このページのトップへ