スタッフブログBLOG

kifre

「すっきりと暮らしたい」

 Categories:

こんにちは。ウッドホームの楠です。

暦の上では秋を迎えましたね。

まだまだ暑いものの、そう聞くとなんとなく秋の気配を感じるような気がします。

 

「すっきりと暮らしたい。」
どんなふうに暮らしたいですか?とお聞きすると、多くのお客様がそう答えられます。
そんなふうに問いかける私自身もそう強く願う一人です(笑)

 

私には小6と小2の娘がいます。
子どもが小学校に上がって、つくづく思ったのは「モノがあふれる」でした。

ランドセルに教科書やたくさんのプリント・筆記用具。
週末になると、体操服に給食袋や上靴が入ったおおぶりなレッスンバッグ。
制服に帽子にピアニカ・習字道具・絵の具セットにプールバッグ。
高学年になると裁縫道具セットも仲間入りしました。

 

単純にこれらが2セットになると、まあまあのボリュームです。
自分の部屋で自己管理してくれると大変大変有難いのですが、なかなかののんびり屋さんなので、そうもいきません(TT)

 

結果的にわが家が採用しているのは、リビングの一角にそれぞれの学童用品を仕舞うコーナーを作っての「見える化」です。
この方法のメリットは必要なときにすぐ手に取れることと、「見える」を共有することで、出来ていなかったら親も把握できやすくて声かけができることです。

 

そのように工夫されている方も数多くおられるでしょうが、

私が担当させていただいたお客様は、リビングの一角にお手持ちの家具の収納スペースも組み込んだ形でシステム収納コーナーを作られました!

 

 

ポイントは
・必要なものが1ヶ所にまとめられていて、モノの定位置が決まっていること。
・玄関から程よい位置にあり、学校から帰ったらすぐに片付けできること。
・リビングに近く、親子のコミュニケーションをとりながらの作業ができること。

これらのポイントが押さえられているとより使いやすく、自分で片付け・準備もしやすいようです。

 

自ら子育てをするなかで、「自分で出来る!!」という自信を積み重ねた自己肯定感は大事だなぁと感じます、新しいことにチャレンジする一歩の踏み出し方が大きくなるような。

お客様のお子様は来春、小学校にあがられるそうで。
どうぞしっかりとつかってもらえますように♪

 

こちらのおうちは施工事例でもご紹介させていただいております。

どうぞ併せてご覧くださいね。

 

 

ブルーグレーが映える家

 

Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


一覧へ戻る

Staff

Archives

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

Categories